ショッカーラヴァー虎の穴

【用語説明】 ※ショッカー…髪型がショートカットの可愛い女の子。  ※ショッカーラヴァー…ショッカーを愛する熱い漢。(男ではなくて漢。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
高1です。高校生になれば彼女の一人や二人できるだろうと夢みてました。
しかしそんな俺がバカでした。元来オタクなうえに行った高校は男子校。
彼女なんかできるわけねーよ。むしろオタ度が強くなったね。

さて、柔道の推薦で高校に入った俺ですが、純粋なスポーツ推薦ではなかったため
柔道部に入らずにしばらく帰宅部。しかし何かクラブに入った方がいいだろうってことで
楽そうな放送部に入部。この時分、昼の放送はエロゲーの歌ばっか流してたな。
で、初めて同人イベントにサークル参加したのがこの時代。
当時赤松健の「AIが止まらない!」ってのにハマってて、その健全本出した。
しかし絵が下手なので当然売れないわけですよ。
でも、作っている過程と、それを並べて売っているだけで楽しかった。
今に至るまで本当に楽しいと思ったのはこのときに出した一番最初の同人誌だけ。
今より絵は確かに下手だが、一番愛が篭っていて、今読み返してみて
唯一観賞に耐える出来なのが一番最初の同人誌。あの時代は輝いていた。
あの、輝ける時代を取り戻したくて俺はげんしけんに入ったのさ…。
それはさておき、そんなこんなしているうちに、太ってきたのさ。
一応地元の道場で柔道は続けていたが、やっぱり絶対的に運動量が足りない。
そこで何か体育会系のクラブに入ろうと思ったわけですよ。
しかし柔道部には今更行けないから何か別のクラブ。
更にやるからにはレギュラー取りたいから推薦組が居ないクラブ…と、
消去法で残ったのがフェンシング。思い立ったが吉日てっことで
即日入部してきました。不純な動機で始めた競技だが、部活でやってる期間が
一番ながいのがコレという因果な関係。
ところで、さっき地元の道場で柔道やってたって話しをしたが、その道場で会った人が
俺に夢を与えてくれたんですよ。その人の仕事とは広告代理店の営業。
主にエロゲーの会社を対象に仕事をしてはる人。
当時の俺はエロゲオタだったのですごいテンション上がったのを記憶している。
しかもその人、レスリングで国体3位という凄い人だった。
仕事内容もそれなりにわかるし、柔道という体育会系の共通点もあったから
すぐに意気投合。今では俺のあこがれの人です。で、今のオタッキーなコネ、
具体的にはコミケの企業ブースでバイトしたり、キャラフェスのブースを
一人で仕切らせてもらえたり、プロの作家を使って同人誌を作ったり。
そういうコネは全部その人から発展させてもらった。
高1は俺にとってまさに激変の時代。柔道部に入部しなかったのが激変の要因。
今でも俺は高校の柔道部に入部しなくてよかったと思っている。
当然、顧問の先生を始め、高校に推薦してくれた中学時代の道場の先生や
中学の担任の先生、その他諸々、たくさんの人を裏切ってしまった事実は
ぬぐえない事実ではあるが、その裏切り者の看板を背負ってでも
柔道部に入らなくてよかったと思っているんですよ。
だって、柔道部に入らなかったから地元の道場に行き、
そこで夢を得られたんだから。
でもそれでも時々辛くなる。実際ウチの大学の柔道部にU高校柔道部が居てねぇ。
随分いびられとるんですわ。
でもまぁいっぱい裏切ってしまったからその分ビッグな人間にならんと
裏切った人たちに申し訳ないわな。ってことで俺はオタク界の帝王になる。
そう誓ったのもこの時代。
今初めて明かすが、俺は将来オタク界の帝王になる男です。
こんな人材を抱えられるピン大げんしけんは身に余る光栄だと思います。
おいメンバー諸君、俺を見ろ。俺の将来を見ておけ。
俺と友達でよかったと思わせてやる。


かなり取り乱したが、今日はこの辺でお別れです。
次回は初めてのコミケ一般参加を果たしたり
危うく少年院行きになりかけた高2の時代をお送りしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

期待してるぜコンチクショー!ヽ(`Д´)ノ
2005/04/25(月) 01:09:13 | URL | basis #mQop/nM.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://elfuego.blog8.fc2.com/tb.php/6-ec125f76
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。